家族はつらいよ…家族に乾杯!家族間の信頼とは!?大切なものとは!?

amp ads


■生き残るヤツの頭の働かせ方 ~20年間無敗の雀鬼が明かした本質洞察力~ -アスコム-

とにかく頂上まで行けばどうにかなると勘違いして、
上へ上へと目指してしまう。

そうやって行きすぎてしまっているのが今の時代なのだ。

むしろ、戻ったほうがいい。

山の麓、仕事なら入社時、
人生なら子どもの頃の純粋な気持ちに戻るのがいい。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

戻っていったところ、
根本のところ、
初志のあったところにこそ、
本当の自分がある。

目標を掲げて、
それに向かって突き進めなんていう教えもあるが、
はたしてそれでいいのか。

突き進んでわかることもあれば、
戻らないとわからないこともある。

目標に向かって突き進んで、
結局、谷底へ落っこちてもがいている。

私には、現代人の多くがそんな状態に
陥っているように見えるのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

言われてなくてもわかるというのが家族というものだと思う。
言われてからでは遅い。

娘は私を信頼して、
私の目に適わなければ結婚しないと言った。

私は娘を信頼して、娘が選んだのなら、
どんな男であろうとも必ず結婚を許可しようと思っていた。

これが「信頼」というものではないだろうか。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

よく、言っていることとやっていることが違うという人がいるが、
あれは言葉を先に出してしまうからだ。

言葉が先で、行動がそれに伴わないからそうなる。

行動が先で、それを言葉にするのであれば、
言っていることとやっていることが違うなんてことにはなりようがない。

本当の信頼とは、
行動や態度で示すものなのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書- 俺は、他人以上のものを分捕るというものではなく、 何人力かを出して他人の足らないと...

多くの人は、
世の中は技術と知識で成り立っていると思っている。

この二つがあれば、社会で生きていけるとか、
成功するためには技術と知識が必要だなどと思っているらしい。

でも、はっきり言えば、
こんなものは別にどうってことはないものなのだ。

本当はもっと大事なもの、もっとすごいものがある。
それは「感覚」というものだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

じゃあ、その「感覚」というやつは
どうやってつかむのかと思うかもしれない。

これもすでに書いた「自然から学ぶ」というのが一つの答えだが、
おそらく、簡単につかめるようなものではないのだろう。

でも、簡単につかめないものほど大切だったりする。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私流に言えば「大切なものは、つかめないんだ」
ということになろうか。

大事だし、見えるけれど、つかめない。

そして、大切なものというのは、
こういうつかめないものの中に潜んでいたりする。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

みんな、成功をつかもうなんて言って、必死につかみに行く。
でも、そうやってつかめるものなんて、実はたいしたものじゃない。

何かをつかんだ瞬間、
つかめないもっと大切なものを逃していることにも気づかない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書- ぐるりと回転してるわけです。 つまり、自然界では生命を奪い合っているのではなく...

感覚というのは、
人間以外の生き物はみんな持っているものだ。

人間だけが、知識と技術をつかんだ代償として失ってしまったのだ。

我々人間は利口そうなふりをしているが、
もしかすると、一番愚かな生き物なのかもしれない。

生きていくのに本当に大事な「感覚」が
退化してしまっているのだから。

人間はもう少し謙虚になったほうがいいかもしれない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

結局は自分の楽しいことをやるという軸に戻ること。
これしかない。

強いとか弱いとか、
勝ったとか負けたとか、
そんなことにとらわれず、
自分の中に基準をもって生きていけばいい。

楽しいことをやり続けることができれば、
世の中がどうだろうと、
ぶれることなく生きていける。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そういう人が本当の意味で強いのだ。
勝ち負けなんか超越してしまって動じない強さを持てるのだ。

世の中は変えられないかもしれないが、
自分が毎日楽しいことをやるっていうのは、
誰にだってできるはずなのだ。

外に向かって不平を言っている暇とエネルギーがあったら、
自分の中身を、自分の考え方を変えてしまおう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そうすればきっと、
今まで見えなかった楽しいことがたくさん見えてくるだろう。

そのうち、人生が変わったことに気づくに違いない。

そして、本当の意味で強くなった自分に気づくに違いない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■精神力 ―強くなる迷い― -青春新書- 緊張と弛緩をバランスよく繰り返す生活をしないかぎ...

自分が楽しいか、楽しくないか。

自分が楽しければ他人が何と言おうと勝ちだし、
自分が楽しくなければ、それはやめればいい。

基準は自分の中に持つ。
そうすれば、他人に何を言われようが翻弄されることもない。

軸がぶれることもない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

さらに言えば、自分も含めて、
相手もよくなるという考え方持つ必要がある。

「相互観」とでも言えるだろうか。

この考え方は表面上で簡単に持つことができるのだが、
本当の意味で自分のものにするためには、
相手への感謝の気持ちを心から抱かなければならない。

そうでないと、本当にはそんな考え方を持つことはできない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

感謝の気持ちがあると、
意地悪とか憎しみとか恨みも負の感情もコントロールできる。

嫌なことがあっても、嫌なことを学べたことに感謝する。

「感謝」の「謝」には「射る」という字が入っている。
「的を射る」という意味だ。

「感謝」の気持ちも、的外れでは意味がない。

感謝したい人に向かって、
的を射るようにするのが感謝なのだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆