要するに思考の短縮、これがカン。人知れず善い行いを心がける。エネルギーと時間はものすごく密着しているんですね。瞬間を大切にする生き方を志すことです

amp ads


■悪戯の流儀 -青春出版-

要するに思考の短縮、これがカン。人知れず善い行いを心がける。エネルギーと時間はものすごく密着しているんですね。瞬間を大切にする生き方を志すことです

これは善か悪か、
正しいことかなどと本を読みながら考えてたらカンは鈍るいっぽうだな。

要するに思考の短縮、これがカン。

それが経験を重ねていくうちに考える必要がなくなる。

それがカンだよ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

そして、これ以上近づいたら危険だという見極めだ。

山に入ればわかるよ。
海にもぐってもわかるよ。

これ以上進めば、
俺は死ぬという瞬間。

これも自然が教えてくれるものであって、
学校や会社、
日常生活の中からは生まれてこないわけだ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

徳とは、好きな人のために何かをして喜ばせるとか、
誰かに認められたいがためにする行為や気持ちではないはずです。

好きだからやれて、
嫌いならやれないというのは自己発想的で、
行為ではあるけれども、
徳ではない。

徳を積むというのは決して人様に触れることのない行いであるべきです。

裏に隠れた善い行いが徳だと思う。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

それを「陰徳」と言うのですが、
私のように目立つ能書きや善行みたいなことをやっていても、
決して徳を積んだ人間とは言えないのです。

誰かに見られたら、
「陰徳」ではなくなると思ったからです。

人の目に触れるような行為は、
特に副作用を持つ。

善いことをしているのに
「自分だけ格好しやがって」
と思われるのは器量の問題ではなく、
徳の積み方を間違えているということに尽きます。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

ボランティアが悪いとは言いません。
悪業よりはいい。

しかし、ボランティア行為が表に見えるかぎり、
徳を積んだことにはならない。

それを知っておくことは大事です。
人知れず善い行いを心がける。

それが「陰徳」を積むという生き方なのです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■勝負の格言 -宝島SUGOI文庫- 緊張は取ろうとするのでなく、 柔らかくしようとすればいいのです。 硬く緊...

血のめぐり、血の循環の問題だと思う。

君の場合も、寝ている間に血が下半身に移動してしまってるんだな。

で、脳の命令系統に血が戻ってくるのが体質的に遅いのだと思うね。

人間は活動していないときは、
下半身に血液が行ってしまうのだろう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

しかし、血は流れているから、
また上へ上がっていく。

この循環のシステムが悪いのじゃないのかな。

ことに朝が弱いというのなら、
枕を低くしたり、
逆に足のほうに枕をして寝てみるといいのじゃないか。

そして、血のめぐり、
血行をよくする運動をやる。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

足の不自由な人間に
「なんでもっと速く歩けないんだ」
なんていう人間がいるか?

だから君もまず血行を良くして、
そして走れる喜びを知ったらどうですか。

意識、無意識は、この関心、
無関心の隣りあわせにあると思う。

ふつうは無意識に息をすい、
はいている。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■人を見抜く技術 ~20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」~ -講談社+α新書- 昭和時代に麻雀の代打ち稼業で無敵を...

つまり、無意識というものは、存在するということ。

その意味からも、
潜在的な力は肉体や精神にひそんでいるはずです。

あるいは、遠い祖先から受け継がれたものが、
意識できないところに表れていると俺は思う。

自分の意識を改良するだけで人はずいぶん変えられるはずです。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

いわゆる火事場の馬鹿力ですね。
こういう例はたくさんあると思う。

君がそうした力を得たいのなら、
時間を短縮する生き方をすることです。

エネルギーと時間はものすごく密着しているんですね。

たとえば、原子爆弾も、そう。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

凝縮された時間の中から核分裂を起こし巨大なエネルギーを生み出しているわけだろう。

意識とは時間をはっきりと感じることであり、
無意識とは、その人が感じ取れないほど凝縮した短い時間にあると俺は思う。

瞬間です。

俺の持論だけれども”瞬間こそ愛である”
ということ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

■勝負の格言 -宝島SUGOI文庫- 勝負において、瞬間、瞬間の気づきや動きが出来れば、 情報やら分析やらといったも...

誰かが困っていれば理屈を考える前に行動する。

瞬間に手を差しのべる。
それが愛です。

そして、そこに無意識の潜在的なパワーが生まれるということ。

時間を無駄にしたり、
時間に間に合わなかったり、
そうした生活をしているかぎりは潜在的な力が出てくるはずはない。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

瞬間を大切にする生き方を志すことです。

私自身は、神様や仏様は大切であると思っていますが、
特定の宗教に対しての宗教心や信仰心はない。

ただ言えることは、
死後だけに地獄や極楽があるなどとは思えないということ。

むしろ現世にこそ地獄があり、
極楽があるのではないかと俺は考えている。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆ 

私には、そうした宗教心も信仰心もないけれど、
魂をもっとも大切にしている人間です。

魂とは心、あるいは精神。

心ある人は心や精神といった魂を土台にしているからゆるぎのない穏やかな生活を送っていますよ。


by. 桜井章一氏

 ☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・’*゚▽゚*’・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆